NEWS

イベントイベント

ALL

EVENTS / WORKSHOPS

斎藤清の墨の表現を体感! ワークショップ「墨彩に挑戦!」

にじみ、ぼかし、かすれ… 「墨に五彩あり」と言われた無限の表現力。 斎藤清も魅せられた墨画に、あなたも挑戦してみませんか? 書家として活躍されている樋口朝亭先生を講師にお招きして、 奥深い墨彩の世界を体感するワークショップです。 定員20名(先着順) と き:11月16日(土)14:00~ ところ:斎藤清美術館アートテラス ※参加は無料ですが、展覧会をご覧いただく場合は入館料が必要です。 なお、特

Readmore

蔵書票作家がやってくる!「買う、蔵書票!」

★画像は、日本書票協会発行『書票暦』より。 愛読書や大切にしている本の表紙裏などに貼り付けて、持ち主を示す蔵書票。 その多くは版画で作られています。一枚一枚丁寧に彫られ、時には手彩色まで施され、まさに小さな芸術品です。 こうした蔵書票を見るだけでなく、欲しくなってしまった方々のために蔵書票ワークショップを開催します。どうすれば自分だけの蔵書票を手にできるの? 蔵書票はどのように作られるの? など、

Readmore

小池アミイゴの誰でも絵が描けるワークショップ、「わたしの好きな柳津」。

福島藝術計画 x Art Support Tohoku-Tokyo 2017福島こども藝術計画(アートで広げる子ども未来プロジェクト)の一環です。 小池アミイゴさんの誰でも絵が描けるワークショップ「わたしの好きな柳津」をテーマに、みんなでみつけた柳津の美しさを絵にします。 第1回 只見線体験+柳津体験 みんなの町を走る只見線(会津宮下駅→柳津駅)に乗っていつもとちがう柳津を体験。 その後は、みんな

Readmore

ALL

FACEBOOK ARCHIVE

2018年12月25日(火曜日)

ただいま、会津の斎藤清美術館では、会津の冬〜白からはじまる「ふぶく日のシルエット」展開催中です。2019年2月24日(日)まで。 会津の豪雪を知らない都会の人たちや若い人たち、あるいは映像でしか雪を知らない人たちには、「会津の冬」の雪の描写がもこもこ、ふわふわと、とても可愛く、何かのゆるキャラにも似て、愛くるしく見えるようで。。。 同じ「会津の冬」を見ていても、 ある人は「懐かしい」と言い、 ある

Readmore

2018年12月21日(金曜日)

ふぶく日ほど、雪のシルエットは多彩です。 同じ屋根に積もる雪だって、同じシルエットにはなりません。屋根に積もった雪がもう一度、宙に舞って、舞い上がって、一向に落ち着きがありません。まるで、地上から雪が降ってくるようにも見えるんです。 斎藤清は、こうしたふぶく日の風景に触発されました。 ただいま、会津の斎藤清美術館では、会津の冬〜白からはじまる「ふぶく日のシルエット」展開催中です。2019年2月24

Readmore

2018年12月18日(火曜日)

ただいま、会津の斎藤清美術館では、会津の冬〜白からはじまる「ふぶく日のシルエット」展が開催中です。来年、2019年2月24日(日)まで。 「会津の冬」をご覧になるなら、冬の会津へどうぞ。    ○ 「雪があっても、いつでも描けるわけではない。私の場合、雪の降る日か、ふぶく日、夕方などの寂しい風景に触発を受けた」と、斎藤清。 会津の冬は、郷愁をモチーフにした作品では決してなく。 また、こうも言ってい

Readmore

ALL

TOP