斎藤清没後20年、美術館創設20周年

2017年、斎藤清没後20年、斎藤清美術館開館20周年。
この節目の年に、作品集全3巻『斎藤清 Collection』発刊と、
特別企画展「ムンク&斎藤清」展開催。

2017年は、斎藤清没後20年、斎藤清美術館開館20周年です。
その記念イベントとしまして、2017年秋、駐日ノルウェー王国大使館後援のもと、特別企画展「ムンク&斎藤清」展を開催しました。斎藤清美術館にとって、これはザ・グレイテスト・イベントの一つと言えましょう。
(詳しくは、ここをクリックしてください)。

でも、こうした特別企画展だけではありません。
この節目の年に、斎藤清70年の全仕事を改めて振り返る作品集全3巻『斎藤清 Collection』が発刊されることになりました。
この作品集には、斎藤清美術館所蔵の約900点のコレクションにとどまらず、福島県立美術館や個人所蔵の約100点、さらに既刊作品集への未発表作品など、かつてなく幅広くコレクションされています。
第1巻『斎藤清 Collection – 1』は、斎藤作品の初期1928年から1962年まで261点をカバー。
この時期の作品には、西洋美術の作法と日本的な視覚的表現の独創的な融合が見受けられ、いわば斎藤芸術の原点と言えましょう。
第2巻『斎藤清 Collection – 2』は、1963年から1979年までの計373点を収録しました。
この時期、斎藤清は、自身の作品に対する不信や葛藤を経験する一方、コラグラフなど新たな表現や刷り自体による表現法を深め、西洋近代美術の手法と日本的な伝統表現を融合する独特のスタイルは自信から確信へと変化していきました。

※第3巻『斎藤清 collection –3』の刊行は現在未定です。発刊に関する最新情報については本HPで紹介いたします。

価格はいずれも3,000円、ただいま発売中です。

TOP