カフェ&ショップ

カフェ・クーポール

斎藤清美術館第二展示室が素敵なカフェにリニューアルしました。
その名も「カフェ・クーポール」。
1959年、斎藤清がパリを訪れた際に立ち寄ったカフェが「カフェ・クーポール」。開業は1927年、ここにはピカソや藤田、ヘミングウェイなども出入りし、現在でも営業中の歴史あるカフェです。斎藤清は、ここで何枚ものスケッチをし、コラグラフによる「カフェ・クーポール」を作品化しました。

斎藤清美術館の「カフェ・クーポール」は、斎藤清がこよなく愛した珈琲にこだわりました。
例えば、ゴールデンウィークや毎年秋の週末などには、週替わりで焙煎マイスターをお招きして、毎回異なった深い味わいの珈琲をおいれします。
創建1200年の歴史の円蔵寺と、雄大な只見川、そんなシーンをカフェから眺めながら、ひとときのアート・リラクゼーションをどうぞ。

ミュージアム・ショップ

斎藤清没後20年、斎藤清美術館開館20周年を記念して刊行された作品集『斎藤清 Collection 1』をはじめ、複製画、ポストカード、斎藤清作品関連グッズなどを豊富に取り揃えています。

TOP