次回の企画展

次回の企画展

2024年夏。「斎藤清にとって会津の冬とは何だったのか」を、問い直す。

会期 2024年7月20日(土)ー11月10日(日) ※会期中、展示替あり。 : 場所 斎藤清美術館第1展示室


本展は2期で構成。第Ⅰ期では、最初期の作例から1970年のシリーズ化へと至る変遷を、
造形に焦点をあて紹介する。

会津の冬。
斎藤清と聞いて、ほとんどの方は、深い雪に埋もれた家と山河のイメージを、真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。
実際、本テーマによる作品は当館が所蔵しているものだけでも150点を超え、コレクションの2割近くを占めます。
ポストカードの売上で常に上位に入るのも、「会津の冬」シリーズ。
間違いなく、「会津の冬」は最も多くの人々に愛されている、斎藤清の代表作にしてライフワークです。
会津が故郷ではない者にさえ暖かさや懐かしさを喚起させる抒情性、何より白と黒を基調とした画面の圧倒的な美しさ。
そこに目を奪われ、つい見過ごしてはいないでしょうか。
なぜ、斎藤清は「会津の冬」を描き続けたのか。
斎藤清にとって「会津の冬」とは、何だったのか。
そして、なぜ「会津の冬」は、これほど多くの人々の心をひきつけるのか―

今年の夏、斎藤清美術館は、改めて「会津の冬」と向き合い、
斎藤清が「会津の」「冬(雪)」から目を離せなかった、本当の理由を考えます。


9月14日からの第Ⅱ期では、斎藤清と会津との関わりをたどり、両者の関係がどのようにイメージに反映されたのか、
考察する。

2024年特別企画展「再考・会津の冬」

第Ⅰ期 雪に、抽象(アブストラクト)を見た画家
    7月20日(土)~9月8日(日)
第Ⅱ期 そして、故郷の表象(イメージ)となる
    9月14日(土)~11月10日(日)

【休館日】
 ・毎週月曜日※ただし、8/12、9/16、9/23、10/14、11/4は開館。
 ・8/13、9/17、9/24、10/15、11/5
 ・展示替期間(9月9日~13日)

【観覧料】 
一般    510円(410円)
高・大学生 300円(200円)
中学生以下無料
※( )は15名以上の団体料金

【ギャラリートークのご案内】
 ◇開催期間中の第2・第4日曜日に開催。
  ※8月11日は、学芸員講座のため、ギャラリートークはありません。
  ※11月は3日(文化の日)に開催します。
 ◇いずれの日も、14:00~(40分程度)

【学芸員講座のご案内】
 8月11日(日)の学芸員講座のテーマは、《会津の冬》!
 もっと深く知りたい方は、ぜひご参加ください。
 詳細については、コチラ!
 

TOP