季節のイベント

季節のイベント

「秋のミュージアムコンサート2021」のご案内

2021年9月26日 : 斎藤清美術館 ホール

クラシックやジャズを愛好し、音楽を聴きながら制作していたという斎藤清。
そんなエピソードから昨年開催し、好評を博したミュージアムコンサートを今秋も開催します!
美しい音色を聞かせてくれるのは、昨年に引き続き、弦楽四重奏団「カルテット・シンポシオン」。
今回はなんと、秋季特別企画展「斎藤清VSピカソ」にちなみ、20世紀に生まれた音楽をお届けします。
ロシアのバレエ団を通じて出会ったパブロ・ピカソとエリック・サティが共同で作ったバレエの音楽や、
さらに、斎藤清と同時期に活躍し、数々の名曲を残した大作曲家ショスタコーヴィチの音楽などなど・・・。
めったに聞くことのできない斬新なプログラムです。
ピカソ作品、そして斎藤清作品とともに、彼らの生きた時代の音楽をお楽しみいただければ幸いです。

日程:9月26日(日) 午前の部11:00~ 午後の部14:00~
場所:やないづ町立斎藤清美術館 ホール
参加費:無料(*美術館観覧券の購入が必要です。)
定員:各公演25名(*お電話にて完全予約制になります。)

*マスクの着用・手指の消毒をお願いします。
*体調がすぐれない場合は、鑑賞を控えてください。
*都合により日程を延期する場合がありますので、最新情報をお確かめの上ご来場ください。

季節のイベント

令和2(2020)年館長講座・学芸員講座のご案内

古今東西の名画から、当時の人々の想いや願いを読み解く-
昨年からはじまり、好評だった館長講座。今年はさらに学芸員も参加して、
計5回、内容も西洋美術史から斎藤清作品の見方まで、充実のラインナップ!
ぜひご参加ください!

次回の講座は…

第3回 館長講座
「執念深いゼウス ―― 磔にされたプロメテウス、そしてパンドラと大洪水」
11月21日(土) 午後2時~3時30分

獣のように粗野に生きる人類を憐れんで、
オリュンポスから火を盗み分け与えたプロメテウスの行いに激怒したゼウスは、
彼をカウカソスの岩壁に磔にし、ハゲワシに生きたまま肝臓を啄ばまれる罰を与えます。
しかしそれでも怒りの収まらないゼウスは、恐るべき罠の秘められた「箱」とともに、
絶世の美女パンドラを彼の弟のもとに送り込みます――
ギリシア神話の有名なエピソードを画家たちはどう描いたのか見ていきます。

場所:斎藤清美術館 ホール
先着25名。
聴講は無料(展覧会をご覧になる場合は、観覧料が必要です)

各回の日程と内容はコチラ!

!コロナウィルス感染症拡散防止のため、変更・中止になる場合がございます。ご了承ください。

季節のイベント

斎藤清美術館フォトコンテスト「毛並み自慢ネコンテスト」

【募集】2020年3月15日(日)~4月20日(月)/【展示】2020年4月29日(土)~6月28日(日) : 斎藤清美術館 アートテラス

画像をクリックするとPDFが開きます。

斎藤清が木目を用いて表現した猫の艶やかな毛並み、すべやかな動き……
そんな斎藤清の猫に負けない、ご自慢の猫の写真を大募集!
ぜひ斎藤清の目線に立って、猫たちの魅力を写真に捉えてご応募ください。
詳しくは実施要項をご覧ください。

「毛並み自慢ネコンテスト」実施要項

季節のイベント

斎藤清に挑め!「わたしの会津の冬フォトコンテスト」※終了しました!

2020年2月1日(土)→4月5日(日) : 斎藤清美術館 展示ホール

画像をクリックするとPDFが開きます。

斎藤清の人気作品、「会津の冬」シリーズ。ご覧になったことのある方も多いでしょう。
斎藤清が会津のあちこちでスケッチをして作り上げた「会津の冬」の世界を、写真で表現してみませんか?
あなたにとっての「会津の冬」を募集します!
詳しくは実施要項をご覧ください。

「わたしの会津の冬フォトコンテスト」実施要項

季節のイベント

冬まつりの中にも、清まつり ※終了しました!

2020年2月1日(土)→2月2日(日) : 斎藤清美術館 アートテラス・展示ホール

会津やないづ冬まつり期間、斎藤清美術館にて「清まつり」を開催します!
期間中は美術館を無料開放し、くつろぎスペースと様々なイベントをご用意しております。
ぜひお越しください!
各イベントの詳細情報は続報にてお知らせいたします。

1 2 3 6

TOP