ANOTHER ART HISTORY Kiyoshi Saito

Exhibition

切り口を変えるたび、 新たな発見がある。

斎藤清美術館のコレクションは、木版画、コラグラフ、銅版画、リトグラフ、墨画、油彩画、デッサン・スケッチから、版画の原版、愛用の画具、年賀状・手紙といった資料等も含め、約1,000点にのぼります。画家の名を冠する美術館として、作品・資料の収集、保管、調査研究を重ねながら、その画業を国内外の方々に伝える活動に努めています。その一部を紹介いたします。
同時代の美術の流れと真摯に向き合いながら、「自分の版画道は、人間形成の道」と、最後まで研鑽を怠らなかった斎藤清。テーマも表現技法も幅広く、驚くほど多彩な魅力を放っています。アプローチの仕方でいくつもの違った表情を見せつつ、そこから画家の深い思想や生きた時代背景までもが見えてきます。

作品は語る。
画家の想い、生きざまを

「ムンク×斎藤清」

(2017.10.7-10.29)

「北欧的な幻想や夢に共感を覚え、マッスとしての表現に憧れた」-ノルウェーの画家、エドヴァルド・ムンク。若き日に美術誌で知ってから、斎藤清にとって重要な画家であり続けました。斎藤はムンクの芸術に何を見たのか。ムンクとの関係性を通し、50年代から70年代に至るイメージの変容とその意味を読み解きます。

「LIFE 1907→1997」

(Season1:2019.6.29-9.16 
Season2:2019.12.7-2020.4.19)

変化を恐れず、スランプに陥れば未知の表現技法に挑み、新しいイメージを模索し続けた斎藤清。世界が魅せられた50年代、スランプの果てに次のステップへのきっかけをつかんだ60年代、そして回帰と深化を続けた70年代以降。作品の変遷をたどることで、そこに込められた画家の想いが見えてきます。

多彩な魅力を味わう

「BEST OF THE BEST」

(第1部:2017.4.4-6.25 第2部:2017.7.1-10.1)

テーマも表現技法も実に多彩な斎藤清の作品を、7つのカテゴリー「白」「佇む」「ピープル」「凝視」「想い」「To Travel is To Draw」「アンソロジー」で紹介。創作スタイルやその変遷が一堂に見渡せます。これまで注目されてこなかった作品にこそ、斎藤芸術の本質が潜んでいます。

代表作を新視点から問い直す

「ふぶく日のシルエット」

(2018.12.1-2019.2.24)

「あたたかい」「懐かしい」。そう語られ、愛されている《会津の冬》。でも、若い人は感嘆します、「雪のもこもこ感が可愛い!」。そして画家自身は言っています、「構図なんだ」。詩情、かたち、色、構図。心を空っぽにして向き合うと、新しい魅力が見えてくる。従来の言語とは違うアプローチで《会津の冬》を紹介します。

「もうひとつの会津の四季」

(2019.3.16-6.23)

2000年9月、皇太子雅子妃両殿下が会津を訪れました。行く先々で目にされたであろう風物を、斎藤清が描いた四季折々の風景画で再現。その土地に暮らす人々に向けられてきた天皇家のまなざしと、斎藤清が描き続けた会津の風物。両者を重ねることで見えてきた、もう一つの「会津の四季」です。

筆致・技巧の妙に驚嘆する

「プラチナ・モダーン 
斎藤清「雲母(きら)」」

(2018.4.21-7.16)

ガラスのようにきらきら光って、鱗のようにうすくはがれる。不思議な特徴を持つ鉱石に人は古来より魅せられ、様々に利用してきました。斎藤清も雲母を愛用した画家。単に画面を光らせるためではなく、時にマチエールとして、あるいは色彩として。自由自在、他では見られない斎藤清ならではの表現をお見せします。

「SUMI 斎藤清の墨画」

(2019.9.21-12.1)

きっかけは、同郷の画家の声がけ。以降、「版画が出来なくなったときの、進むべき方向を感じ取った」と、晩年にいたるまで制作し続けました。自由でオリジナリティ豊かなモティーフと、墨特有の表現を自在に操る卓越した技量。版画はもちろん、水墨画とも一線を画する「斎藤清の墨画」。画家・斎藤清の凄みを実感できます。

作品がつなぐ、
人との縁、世界の美術

「The Style 
アメリカが愛した斎藤清スタイル」

(2017.11.3-2018.1.28)

作品の芸術性に真っ先に気が付いたのも、京都の美やコラグラフを教えたのもアメリカ人。斎藤清も各地で個展の開催や版画の実技指導を行い、当地の画家と親しく交流を重ねました。各地の美術館には初期のものを中心に貴重な作品が収蔵され、多くのファンがいます。今も続く両者の深いつながりを、作品や資料から明らかにします。

「台湾コネクション
 版画/蔵書票がつないだ、
『台湾×斎藤清』展」

(2018.7.22-9.9)

小さな紙面に広がる繊細かつ趣向を凝らした図案。「紙の宝石」蔵書票(エクスリブリス)は、ヨーロッパで生まれ、明治時代に日本に、そこから台湾へと伝来し、今に至るまで数多くの作品が生みだされ、作家・愛好家間の交流が続いています。小さな版画/蔵書票から日本と台湾、そして斎藤清とのつながりが見えてきます。