ふるさと納税

2016年10月11日

furusato_top.gif

 

 寄附をいただいたお礼の特典・特産品カタログから選べるようになりました。

詳細はこちらへ→ふるさと納税返礼品カタログ

 

ふるさと納税とは?


 「ふるさと納税」とは、個人住民税の一部を「生れ育った故郷」「ゆかりのあるまち」「心に残ったまち」の自治体などに納めることを可能とした制度で、平成20年度地方税法改正により、従来の寄附金控除を拡充する形で導入されました。

 

 

ふるさと納税の使い道


柳津町では、「みんなが主役! 笑顔広がる絆のまち」を目指して、

 

 

①『子育て支援の充実』

 子どもを安心して産み、育てることができる環境を整備するため   

 

子育て応援祝金支給、放課後児童保育、保育料軽減(第3子以降無料化等)、学校給食費軽減、小中学生医療費無料化、食育推進事業、乳幼児に絵本配布、チャイルドシート購入助成、子育てサポート事業等 

 

 

 

 

 

 

②『高齢者・障がい者の住み慣れた地域や家庭での自立促進』

 高齢者が生きがいを持って健康で自立して生活するため

 

在宅福祉サービス、高齢者にやさしい住まいづくり助成、緊急通報システム、日常生活用具給付、配食サービス、敬老祝金支給、紙おむつ給付、障がい者地域生活支援事業等

 
 
 
 
 

 

③『農林業の振興』

 希望を持って農・林業に従事し、収益を上げることのできる環境を整えていくため

 

未来の農業を担う若者応援給付金、生産数量目標達成農家等への交付金、地区等農用地整備補助、グリーンツーリズム普及促進事業、有害鳥獣被害防止対策事業、森林病害虫防除事業等
 
 
 
 
 

④『観光の振興』

 地域経済を活性し、楽しめる観光地づくりの取組みを行うため

 

赤べこ振興事業、外国人へ向けた集客事業、風評被害対策事業、まちなかにぎわい活性化事業、会津やないづ冬まつり事業等
 
 

 

 

⑤『自然環境の保全』

 環境にやさしい再生可能エネルギー等の利活用を促進するため

 

太陽光発電、太陽熱利用、ペレット・薪ストーブ導入費の一部助成、自然公園の保護活動等
 
 

 

 

⑥『交流・移住・定住の推進』

 地域資源を活かし、交流人口の拡大を図り、移住・定住につなげるため

 

公営住宅整備、住まいづくり支援(省エネ対策)、新築住宅建設補助、空き家改修費補助、婚活支援イベント開催、都市交流等
 
 

 

 

⑦『学校教育の充実』

 確かな学力と豊かな人間性、健やかな体を育む学校教育の充実のため

 

英語指導助手招致、ICT教育環境整備、学校教育学力向上対策事業(特別支援教員の配置、複式学級支援員の配置)、スクールバス運行事業等
 
 

 

 

⑧『地域コミュニティの維持』

 地域コミュニティの活性化するため

 

地区集会所改修助成、広報やないづ事業、広報やないづお知らせ版発行、地区等の設備、備品等整備への補助等
 

 

 

に皆様方からの寄附金を活用いたします。

 

この思いに賛同していただける方は、柳津町への「ふるさと寄附金」に御協力をお願いいたします。

 

 

寄附のお申込みと納付手続き


 

1.寄附金の受け付け

 寄附金は、個人、団体を問わず受付いたします。

 

2.寄附の手続きについて

 寄附金のお申込みは、「電話」、「郵便」、「FAX」、「電子メール」、「役場窓口へ直接」のいずれかの方法で受付いたします。詳しくはお問合せください。

 

 

お礼


  寄附いただいた皆様には、町長名の礼状を送ります。さらに、町外在住の方で5,000円以上寄附いただきました方には、町の特産品をお届けいたします。詳しくは、「ふるさと納税返礼品カタログ」をご覧いただくか、お問い合わせください。

ふるさと納税返礼品カタログ(2MB)

 

 

住民税等の軽減を受けるには


 1月1日から12月31日までの寄附について、翌年の3月15日までに所得税の確定申告を行ってください。なお、寄附をしていただいた際に柳津町から発行される領収書を申告書に添付することが必要です。

 

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度


 平成27年4月1日以降に行うふるさと納税を対象として、確定申告をする必要のない給与所得者等の方は、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することで、確定申告を行わなくても税の軽減を受けることができるようになりました。詳しくは、総務省のホームページまたはお問い合わせください。

総務省 ふるさと納税ポータルサイト

 

 

寄附金控除の計算例


 

furusatonouzei-img.jpg

 

 

寄附金の税額の控除額(軽減額)例


 所得税は寄附を行った年分の所得税が控除され、住民税は寄附を行った年の翌年度分の住民税から控除されます。(一例であり、軽減額は実際の軽減額と異なる場合があります)

 

 年収700万円の方<給与所得者(配偶者を扶養)の場合>

 1万円寄附したとき     8,000円軽減(住民税分 6,400円、所得税分 1,600円)

 3万円寄附したとき    28,000円軽減(住民税分22,400円、所得税分 5,600円)

 5万円寄附したとき    48,000円軽減(住民税分38,400円、所得税分 9,600円)

10万円寄附したとき    66,550円軽減(住民税分46,950円、所得税分19,600円)

 

 

各種様式ダウンロード


 

ふるさと納税申込書(99KB)

ふるさと納税申込書(24KB)

 

 

寄附金税額控除に係る申告特例申請書(49KB)

寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書(223KB) 

 

 

ふるさと納税に関するお問い合わせ先


 

寄附金のお申込みに関すること/総務課 企画財政班

寄附金の税額控除に関すること/総務課 税務班

 

住所:〒969-7201 福島県河沼郡柳津町大字柳津字下平乙234

電話:0241-42-2112  FAX:0241-42-3470

電子メール:kikaku-zaisei@town.yanaizu.fukushima.jp

柳津町ホームページ:http://www.town.yanaizu.fukushima.jp/